光センサ監視システム「Le-MON」

製品・サービス一覧

セキュリティ 

機器の光源を監視 して、異常を早期発見!

「Le-MON」(レモン)は、サーバなどの光源パターンを読み取ることで機器の異常を発見する監視装置と、HBAの専門担当者による運用サービスを組み合わせた新しいサービスです。

様々な理由により自社でサーバを保有しているユーザ向けに、運用の専任管理者がいなくても、障害の未然防止や発生時の迅速対応によるITリソースの稼働維持を支援します。

お困りではありませんか?

サーバ運用業務や監視業務において、以下のようなお悩みを抱えてはいませんか?

  • 社内サーバ運用の専任管理者がいない
  • 目視による巡回点検のためサーバ監視に時間と人手がかかる
  • 遠隔地にサーバがあるため障害の原因究明に時間がかかる

そのお悩み、Le-MONが解決します!

  • 専門スタッフによる遠隔監視で運用業務の負荷を軽減
  • 装置による自動点検で目視の巡回点検が不要
  • リアルタイム確認で障害発生の原因究明を迅速化

Le-MONの特長

  • 既設のサーバに後付けが可能です
  • 本体1台で最大44点の光源が監視可能です
  • SNMP非対応のネットワーク機器の監視が可能です
  • ネットワーク監視ソフトとの連携が可能です
  • 遠隔地でもリアルタイムの状況を確認できます

利用シーン

「Le-MON」は、ソフトウェアやネットワークによる監視が不可能な電源の状態やハードウェア障害を物理的に監視します。

自社サーバーの自動監視

自社保有のサーバーに監視装置を設置する事で自動監視となるため、目視による巡回点検と比べて作業工数の削減、異常検知速度の向上が図れます。

海外拠点サーバの遠隔監視

海外に設置しているサーバーに監視装置を設置する事で、異常を検知した場合でも、ネットワーク障害の原因を遠隔監視で突き止めることができます。障害発生から解決までの工数低減や期間短縮、経費圧縮に繋がります。

ネットワーク未接続の機器監視

セキュリティ上や設置環境上、外部ネットワークへ接続する事ができないIT機器に「Le-MON」を導入する事で、セキュリティレベルを落とすことなく機器の監視が行えます。

その他の使用例

その他、光センサーを設置した扉の開閉監視を行うことで、現地作業員の定期点検やメンテナンスなどの実施履歴が残せます。
また、サーバルームの照明を監視することで、点灯・消灯を検出し作業忘れの遠隔確認ができます。

サービスイメージ

LEDランプごとに監視パターンを設定し、機器の点灯・消灯・変化を監視します。異常を検知した場合は、遠隔監視の専門スタッフがお客様へ障害状況をご連絡します。

パンフレット

光センサ監視システムの詳細は、下記パンフレットをご覧ください。

光センサ監視システム「Le-MON」 [ PDF:667KB ]PDFファイルを開きます

PDFファイルをご覧いただくには、AdobeRReaderRが必要です。
AdobeRReaderRのダウンロードはこちら新しいウィンドウで開きます

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

ページの上部へ戻る