クラウド型電子カルテサービス「MI・RA・Is / AZ for Cloud」

製品・サービス一覧

クラウド  医療 

大規模災害に強い! クラウド型電子カルテサービス

電子カルテシステム「MI・RA・Is/AZ for Cloud(ミライズエーズィ フォー クラウド)」は、強固で安全なデータセンターに診療データを保存するクラウド型電子カルテサービスです。

院内から他施設、そして患者様やその家族へつながる連携力のあるシステムをご提供します。

HBAは、株式会社シーエスアイが展開するクラウド型電子カルテサービス「MI・RA・Is/AZ for Cloud」を安心・安全・堅牢な自社データセンターを中核としたサービスでご提供します。

お困りではありませんか?

  • 日々変化する患者の状態を把握しつつ、最適な治療に注力したい
  • 患者様に最適な治療を提供するため、チームの力を合わせたい
  • 職員が持つ情報を持ち寄って、同じ意識を共有したい
  • 毎日作成される書類や持ち込まれる書類を管理したい
  • 蓄積した電子カルテの診療履歴情報を有効に活用したい
  • 院内の業務改善だけでなく、将来的な事業の拡張も視野に入れたい
  • 医師からの指示をもらさず確認したい
  • 状況把握や集計作業を効率よくしたい

MI・RA・Is/AZ で解決できます!

  • 複雑化・多様化する現場の声に応える豊富な機能
  • 日々の負担軽減だけでなく、業務の拡大や地域包括ケアシステムへの発展を支援
  • 充実の看護支援機能。入院から退院までの看護過程を「管理」「現場」の両面でサポート

MI・RA・Is/AZ の特長

医療の質の向上、診療の効率化

患者の状態に合わせた医療の提供のために、複雑な指示や機微な情報の管理を支援します。

チーム医療を促進

患者情報の共有やメディカルスタッフの意識共有機能で、チームの連係プレーをサポートします。

文書管理の負荷軽減

日々院内で作成される様々な書類、院外から持ち込まれる様々な書類について、文書管理負荷の軽減を支援します。

地域包括ケアシステム構築を見据えた拡張性

蓄積データの二次利用から、地域包括ケアシステム構築の一助まで幅広い拡張性で対応できます。

現場の声を反映した看護業務支援機能

看護の現場にて、忙しい看護師のために、情報収集がしやすく、記録がしやすい効率的なシステムです。

病棟状況を容易に把握できる看護管理機能

病棟の状況を把握するために複数の画面を開いて探すと管理者の方へ負担となります。管理者の方にとって容易に病棟状況を把握できる各機能をそろえました。

機能紹介

MI・RA・Is/AZ for Cloudの特長

不正アクセスや大規模災害から、大切な診療情報を守ります。データセンターの活用により、院内にサーバー機器を設置する必要がありません。
更に業務面では、サーバー導入・保守・管理などの負担を大幅軽減します。
費用面では、初期投資や運用要員コストを削減できます。

  • 「MI・RA・Is/AZ for Cloud」は、院内へのサーバー設置が不要
  • サーバ購入費の削減はもとより、サーバ管理、運用の負担軽減に貢献
  • 強固なデータセンターに診療情報を格納し、高セキュリティのネットワークを介してアクセス
  • 使用機器に診療情報が残らないため、情報漏えい防止にも貢献

クラウド型は月額利用料で使用可能

  • 本サービスの初期費用は、PC・プリンタ等の費用で済み、貴院はサーバ資産を保有しません。
  • サーバ資産に対する減価償却費用の計上が不要となります。
  • サーバ費用は毎月一定の運用費用(月額利用料)に平準化され、経費として支払うことが可能です。

パンフレット

電子カルテシステム「 MI・RA・Is/AZ for Cloud 」の詳細は、下記パンフレットをご覧ください。

○ MI・RA・Isは㈱シーエスアイの登録商標です。
※ 掲載内容は改良のために予告なしに変更する場合がありますのでご了承ください。
※ 本サービスで採用の製品は医療機器ではありません。

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

ページの上部へ戻る