ソリューションフォーラム2016

基調講演(13:30~15:00)

shinbou

未来を見通す!
~正しい判断に必要なこと~
大阪綜合研究所所長 辛坊 治郎 氏

1980年早稲田大学法学部卒業後、読売テレビ放送株式会社に入社。「ズームイン!!朝!」「ウェークアップ!」「報道特捜プロジェクト」「ニューススクランブル」等のリポーター、キャスターを歴任。1990年より芦屋大学非常勤講師に就任。1996年アメリカ国務省文化交流庁(USIS)の招きで米国放送行政等を視察・研究。1997年~1998年には、ニューヨーク・ペース(Pace)大学客員研究員(Visiting Scholar)として渡米、地上波デジタル放送を中心とした、アメリカのメディアについて研究。1999年に報道局チーフプロデューサー、2000年に報道局情報番組部長に就任後、2001年10月より日本テレビ「ズームイン!!SUPER」でニュース解説を担当するほか、関西学院大学非常勤講師、立命館大学、早稲田大学などで非常勤講師として教壇に立つ。2004年芦屋大学客員教授となる。2005年4月より読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」でメインキャスターを担当。2010年9月末に読売テレビ放送株式会社退職後、現在は、大阪綜合研究所代表を務める。

セミナー

セミナー1
11:00~11:40

進化しつづけるIoTとドコモの取り組み
株式会社NTTドコモ
法人ビジネス本部 IoTビジネス部
担当部長
仲田 正一 氏

今後の大幅な普及・進化が確実視されているIoT。
ドコモは長年のM2MからIoTへのユーザ導入実績をもとに、モバイル通信企業から「付加価値協創企業」への転換を図っております。「付加価値協創(+d)」の挑戦としてのIoT事業推進の取り組みをご紹介いたします。

セミナー2
15:30~16:10

BCPに対するHBAの取り組みとクラウドサービスのご紹介

株式会社HBA

災害や事故で被害を受けた場合にも業務が継続できるよう、事前の対策を行う重要性が改めて叫ばれています。今回は、HBAが実施するBCPの取り組みとクラウドサービスについてご紹介します。

セミナー3
16:30~17:10

情報流出脅威への備え。NEC生体認証ソリューションのご紹介
日本電気株式会社
第二官公ソリューション事業部
マネージャー
繁田 聡子 氏

情報漏洩対策を考える時、システムに直接触れる人間を確実に認証することも大切なポイントになります。ナショナルセキュリティレベルで生体認証に古くから取り組んでいたNECが脅威の現状と対策をわかりやすく解説致します。

ページの上部へ戻る