Service

製品・サービス

HBAの製品・サービス情報などを掲載しています。

医療費助成事務支援システム

本庁と保健所間の申請書の進達や審査業務に伴う事務作業を大幅に軽減します!

本システムは、Web方式のメリットである「運用管理の容易性」とクライアントサーバ方式の業務効率を上げる「軽快な操作性」を併せ持つ『リッチクライアント型(Web方式)』を採用したWebシステムであり、安定した処理性能を発揮します。

システムの特長

目的に応じた導入が可能!

番号法をはじめ関連する全ての法令に準拠した標準パッケージです。お客様のご要望に合わせて、必要とする医療費助成業務を導入することができます。また、機能追加等のカスタマイズも可能です。

統合宛名との情報連携機能を標準搭載!

統合宛名サーバとの情報連携機能を標準機能として実装しており、自治体様に合わせた導入が可能です。

本庁⇔保健所はシームレスに!

本庁および保健所の業務役割に応じて、審査業務の権限が柔軟に変更可能です。また、お知らせ機能を備えており、本庁から保健所へのお知らせをシステム内で行うことができます。

電子申請システムとのデータ連携が可能!

自治体様に電子申請システムが導入されている場合、申請者の情報をCSVで本システムに取り込むことが可能です。

システム概要

指定難病

指定難病や特定疾患、先天性血液凝固因子障害等医療費助成の申請や給付、相談情報、指定医・指定医療機関情報を管理します。受給者証や各種通知書の出力ができます。

小児慢性特定疾病

小児慢性特定疾病医療費助成の申請や給付、相談情報、指定医・指定医療機関情報を管理します。受給者証や各種通知書の出力ができます。

ウィルス性肝炎・肝がん

肝炎治療、肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業医療費助成の申請や給付、医療機関情報を管理します。受給者証や各種通知書の出力ができます。

特定不妊治療

特定不妊治療費助成の申請や承認情報を管理します。決定通知書の出力や助成金の支払事務ができます。

自立支援医療(精神通院医療)

自立支援医療費(精神通院医療)、精神保健福祉手帳の申請や給付、認定情報を管理します。受給者証及び精神保健福祉手帳、各種通知書の出力ができます。

システムのイメージ

オプションサービス

臨床調査個人票のイメージ化サービス

臨床調査個人票は、厚生労働省より示されている「指定難病患者データベースシステムの運用に係る臨床調査個人票の取扱要領について」により、今後PDFファイル化が必須となります。
弊社のスキャニングサービスをご利用頂くことでPDFファイル化が可能です。

申請書のバーコード対応

申請書のバーコードを読み取るだけで対象受給者の更新申請画面に遷移し、スピーディーな更新業務が実現できます。これにより、対象者を都度検索する手間を省くことができ、作業時間を大幅に削減することができます。
(※バーコードリーダは別途調達が必要になります。)

保健所事務を支援する相談情報システム

申請者からの小児慢性特定疾病に対する相談情報を記録・管理するシステムをオプションサービスとして導入可能です。

申請書のAI-OCR対応

受給者証の新規申請書や償還払い申請書において、AI-OCRを利用したデータ取込が可能です。

今後の動向について

指定難病や小児慢性特定疾病は、厚生労働省より自治体の事務負担軽減や治験研究の促進を目的としてオンライン計画や登録証の発行などが想定されており、システムへの対応は必須の状況です。
弊社は各都道府県へのパッケージ導入の実績を活かし、上記の制度改正等には柔軟な対応をおこなっていく所存です。

パンフレット

医療費助成事務支援システムの詳細は、下記パンフレットをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe®Reader®が必要です。
Adobe®Reader®のダウンロードはこちら

製品・サービス一覧に戻る