Service

製品・サービス

HBAの製品・サービス情報などを掲載しています。

3Dプリンタ(ProJet® シリーズ) 

ProJet® x60シリーズのメリット

世界最速の3Dプリンタ

FSS-P

ProJet® x60シリーズは、市販されている3Dプリンタの中でも最速の処理スピードを誇ります。

  • 造形スピードは、垂直方向に28mm(1インチ)/時間
  • 複数パーツの同時作成でスループットが向上
  • 空洞部分を支えるサポート材を必要としないため造形後のサポート除去作業が不要

フルカラー印刷が可能

ProJet® x60シリーズは、24ビットフルカラー印刷ができる世界で唯一のプリンタです。

  • 600×540dpiの印字解像度で、注釈、エンジニアリングラベルなど文字の追加が可能(ProJet® 660/860)
  • 複数のプリントヘッドからインクを噴射し、造形物の切断面の中まで着色が可能
  • シアン、マゼンダ、イエローにブラックを加えることで、より鮮やかな着色が可能(ProJet® 660/860)

低コストを実現

ProJet® x60シリーズは、導入から運用にかかるまで低コストを実現しました。

  • メインの材料に石膏(ProJet® 4500はプラスチックパウダー)を使用することで、ランニングコストを大幅削減
  • 造作時に未使用だった材料はリサイクルし、造作コストを抑えることが可能
  • 安定しかつ手頃な価格の標準インクジェット技術を採用

ProJet® x60シリーズのしくみ

石膏粉を使った印刷技術

ProJet® x60シリーズは、CADシステムなどの3次元データの表面の座標を読み取り、立体の断面を描くように薄く輪切りにしたスライスデータに、石膏パウダー(ProJet® 4500はプラスチックパウダー)を地層のように何層にも積み重ねて接着しながら立体化する「粉末積層法」という造形方式を採用しています。

粉末積層法

  • プリンタ内部にある、造形トレイに素材の石膏粉を厚さ0.1ミリ程度に敷き詰めレイヤー化
  • プリントヘッドが一番下のスライスデータを粉末レイヤーの上にプリントし、粉末を固化
  • ピストンによって造形トレイが一層分下がり、その上に新しい粉末レイヤーが形成
  • プリントヘッドが次のスライスデータを新しいレイヤーにプリントして結合

カラージェット・プリント技術 (CJP)

カラージェット・プリント技術 (CJP) には2つの構成要素があります。
1つはコア・マテリアル(パウダー) もう1つはバインダーです。
コア・マテリアルは、造形プラットフォーム内に、ローラによって 薄く敷き詰められます。
薄いコア・マテリアルのレイヤーの上に、インクジェット・プリントヘッドから 1レイヤーのプリントが終わると、造形プラットフォームは少し下に下がり、モデルが完成するまで繰り返されます。

印刷手順

例.石膏パウダーの場合

3D印刷手順

ProJet® 1200のメリット

高精度プラスチックパーツの製作

FSS-P

ProJet® 1200は、歯科技工・宝飾品の製作に最適な高精細で微細な小型パーツを製造できます。

  • プリント解像度:585DPI
  • 積層ピッチ:30ミクロン
  • 最大出力サイズ:43×27×150mm

高速かつ低コストを実現

ProJet® 1200は、高速かつ低コストでパーツ製造ができるため、今までにないほど手頃に低予算で3Dプリントを始められます。

  • 垂直造形スピード:14mm/h(2時間で5個の指輪を製作可能)
  • 指輪1個あたりのコスト:100円

かんたん操作で直ぐにプリント開始

ProJet® 1200は、かんたん操作で誰にでも扱いやすいように設計された小型サイズの3Dプリンターです。

  • 無償提供される専用アプリケーションを利用して、かんたん操作で直ぐにプリント開始
  • オールインワンのマテリアル・カートリッジ式で材料の補充もかんたん
  • USBまたはネットワークベースの接続で誰でも簡単にプリンターへのアクセスが可能
  • サポートデータ(造形物の支え部分)の製作は、手動はもちろん自動作成も可能な オートサポート機能を実装

目的に応じたマテリアル選択が可能

さまざまな用途に応じ、6種類のマテリアルからの選択が可能になりました。 ※平成27年3月現在

  • VisiJET® FTX Green(ダークグリーン): UV硬化プラスチック(ロストワックス鋳造可能)
  • VisiJET® FTX Cast(ライトグリーン): ワックス入りUV硬化プラスチック (成型・加工が簡単/ロストワックス鋳造可能)
  • VisiJET® FTX Gray(グレイ): UV硬化プラスチック(汎用)
  • VisiJET® FTX Clear(クリア): UV硬化プラスチック(透明)
  • VisiJET® FTX Silver(シルバー): 金属フレーク混入UV硬化プラスチック(メタリック)
  • VisiJET® FTX Gold(ゴールド): 金属フレーク混入UV硬化プラスチック(メタリック)

ProJet® 1200のしくみ

プリント方式 マイクロ-SLA®

Pj1200しくみ

  • 造形カートリッジに入っている樹脂材料のレジンにUV照射し光が当たった部分のみ硬化
  • 台座(プラットフォーム)が30ミクロン上昇
  • 次のスライスデータを新しいレイヤーにUV照射し結合
  • これを繰り返し行うことで高精細の造形パーツができあがります。

マイクロ-SLA®について
マイクロ-SLA®とは、独自の付加製造(Additive Manufacturing)特許方式です。
造形トレイに入っている液体樹脂の上に造形プラットフォームを引き下げ、そこに下から紫外線をLED光源により面照射すると、紫外線が当たった場所だけ固まり、造形プレートに固定されます。
その後、プラットフォームを少し引き上げます。
造形が完了するまで、これを繰り返し立体モデルを作ります。

©2015 3D Systems, Inc. All rights reserved.
ProJet®およびVisiJet®、3Dロゴは、それぞれ3D Systems, Inc.の商標及び商標登録です。

製品・サービス一覧に戻る