Company profile

会社情報

システムインテグレーション、アウトソーシングサービス、ソフトウェア開発をメインに
トータルなITソリューションをご提供しております。

DXへの取り組み

株式会社 HBA
代表取締役執行役員社長  伊藤 尚樹

 <DX推進ビジョン>

「DX」で「幸せ」に挑む。
DXにより、皆さまの幸せに貢献していきます。

いまやITは人々の暮らしを支える基盤となり私たちが生活するうえで欠かすことができません。
また、パンデミックの拡大や労働生産年齢人口の減少など、社会課題への対応は、ITの利活用からDX(デジタルトランスフォーメーション)推進にシフトし、あらゆる企業にとって重要なテーマとなっています。

今後、企業においてはIT人材不足などの課題がより一層深刻化していくと捉えており、当社でも従来以上にシステムおよび人材育成等へ積極的に投資し、組織能力を高めながら DXを進めていく必要があると考えます。

当社は、これまで培ってきた幅広い業種のシステム構築やサービス提供の知識、経験とデジタル技術を融合し、お客様との共創により新たな価値を創造することで、社会の皆様の幸せに貢献していきます。

 <環境変化と目指す方向性>

ローコード・ノーコード等の開発技術変革、パブリッククラウド需要増等のお客様が求める価値が変化し、当社を取り巻く環境は大きく変化しております。

変化する市場においてさらに競争優位性を高めるため、当社は「既存顧客への深耕(既存市場×既存能力)」を推進するとともに、DX関連技術等の新たな組織能力を獲得し、将来のコア事業創造のためにお客様と共に新しい提供価値を構築して参ります。(既存市場×新規能力)

さらに2025年以降を目標に、新しく創出したサービスを新規市場に提供し事業構造の転換を図って参ります。 (新規市場×新規能力)

DXビジネスモデル変革

 < DX戦略>

当社はDXビジョン実現のために以下の戦略を実行して参ります。

  • ①イノベーションを起す組織と風土を醸成する

    当社はDXビジョンを実現するためにコラボレーションを生み出す職場環境づくりを目指し、ビジネスチャットやWeb会議システム等のコミュニケーションツール導入し、本部や役職を超え縦横無尽にコミュニケーションを可能とする環境を整備しております。
    またグループウェアの掲示板等で技術情報や活用事例の共有を進め、これらによりイノベーションが生まれやすい組織風土とし、これまで発想もされなかった当社の課題解決策を生み出す仕掛け作りを行っております。

  • ②新しい価値の創造に必要なリソース確保と基盤を整備する
    【当社における経営システム基盤強化】

    当社は新しい価値創造に向け、新基幹システム刷新時にデータ利活用による資源配分の検討、戦略を見極めるための基盤としてシステムを強化して参ります。社内外の様々なデータを掛け合わせ、自社ビジネスの相関を調べ、経営戦略立案において仮説検証を進めデータ活用の高度化を目指します。

    【当社データセンターにおける最新技術活用と研究開発へのリソース確保】

    当社のデータセンターでは、ロボット技術を活用したスマートファクトリー化、BPO業務の映像監視からの動体検知、装置/設備のログ情報の活用による故障予知等、最新技術を活用しており、人手作業時間を低減させるとともにセキュリティ確保しつつ作業の信頼性向上を図っております。
    当社は今後ますます深刻化が懸念される人手不足の問題をデジタルの力での解決を目指しこれら研究開発にリソースを投入しております。

  • ③新しい価値を既存市場または新規市場に投入する

    上記2つの戦略に基づく実行結果として、当社の課題解決で実現した製品・サービスを
    お客様に対する新サービスとして提供していきます。

 < DX推進体制>

当社のDXへの取り組みは代表取締役執行役員社長が総括責任者となり推進しております。
DXビジョンに沿った戦略策定は本部ごとで検討し、DX戦略の実行を支える組織として社長直轄の組織である「DX推進事務局」を設置し、全社戦略として推進しております。
毎月1回、DX施策の実行状況の確認とDX等による業務改革の実施判断を行う全社的な意思決定を行う会議体を設置しております。また、実行における早期課題解決を目的とし、毎月2回、本部を横断したDX施策の実行状況を共有する会議体を設置しております。

DX推進体制

 <人材育成・組織能力強化への取り組み>

イノベーション創出をするためには様々な知識の修得、多様な人材が必要になります。
当社は、DX関連資格取得を推奨し、デジタル人材育成に注力して参ります。
加えて、ロボティクスソリューションに代表されるような当社にとって初めての試みについても、スピード感もって進めるべく、多彩なビジネスパートナーとのアライアンス、コラボレーションも重視して参ります。

また当社は組織能力の強化がイノベーション強化の重要な取り組みの1つと捉えており、組織能力の要であるマネージャー職の育成も強化して参ります。

 <戦略推進のためのITシステム・デジタル技術活用環境の整備>

当社では事業構造転換を図るために、経営情報の見える化を推進します。
そのために基幹システムを刷新し、ビジネスインテリジェンス( BI )ツールを導入し、データに基づく迅速な意思決定を図りながら新しい価値提供に挑戦します。
(2021年4月運用開始済み)

 <戦略達成状況に係る指標>

・DX関連資格取得者数(60名増)
・新サービストライアル数(10件)
・新しい製品・サービスの提供数(5件)
※2024年3月末目標

<DX推進の進捗状況について>

2022年12月時点の進捗状況